ひとことクリニック 《 泌尿器科 》

 最近の研究で、肥満・高血圧症・糖尿病・高脂血症などのいわゆる「メタボリック症候群」の要素を持つ方は、夜間頻尿を合併することが多いことがわかってきました。夜中に血圧が高い、あるいは血糖値が高い状態だと、夜中の尿量自体が増えるため必然的に排尿回数も多くなります。「メタボ」の要素が多ければ多いほど夜間頻尿を合併する率が高くなるようです。泌尿器科で薬をもらっているがなかなか夜間の回数が減らないという方、「メタボ」に心当たりはありませんか?治療中の方は今まで以上にしっかりとコントロールしましょう。